iPhoneのアプリの買い方

by author



iPhoneはアップル社の製品ですが、アプリについてはAPPSTOREと呼ばれる専用のアプリ販売サイトでの購入となります。


Androidのように勝手にアプリを入れられないので注意が必要です。

iPhoneのアプリはゲームから実用品、ジョークアプリまでさまざまありますが、どのアプリについてもアップルの審査が行われています。

審査では主に動作がきちんと行われるか、ウイルスが入っていないか、ユーザーに通知せずに各種情報を外部に転送していないかがチェックされます。

iPhone6sの正しい情報を手に入れましょう。

特にウイルスと情報漏洩には厳しいチェックがあります。

様々な種類のiPhone6sの予約の情報を掲載しませんか。

審査が行われることでアプリの品質を維持できています。

また、不誠実なアプリもないのでAPPSTOREの品位が上がっていると考えられます。

iPhoneではアプリの開発についても実機でのテストやAPPSTOREに出品するためには年会費で1万円程度支払う必要があります。Androidでは一度数千円払えばずっと開発できるのでこの点についてもアップルとAndroidでかなりの差となっています。



アプリについて自由を求める方はiPhoneのクローズドな姿勢は許せないと考える方も多いようですが、ほとんどの方はアプリについて不正があることを恐れており、自由ではないけれど品質がしっかりしているこの手法を支持しているようです。

また、iPhoneのアプリでは課金システムがありますが、独自に課金することができず、必ずアップルを通すことになるので不正な課金も無いと評判が良いです。